フランス語のお菓子レッスン

                      



fu.fu.
アンティークの鍵を
amon-chanから プレゼントしていただきました♪

その日は
フランス人の男子がひとり

マダム歴
もうすぐ一年生と
7年生と
16年生の3人と

それから
7年生マダム amon-chanのおなかに
エンゼルがひとり♪

BONBONNIEREでの
はじめてのフランス語のお菓子レッスンの日でした


長いバカンスをしていた
Alex先生が 日本に戻って
お菓子レッスンを受けたいと言って下さったので
それなら
我が家でフランス語を習いながら
お菓子レッスンなんてどう?!
という 妙案に
コルドン友達の
amon-chanとsi-chanを巻き込んで(^_^;)
 

ほんとは どんなレッスンになるのかが
不安だったのですが
はじめてみたら
・・・ 楽しいレッスンとなりました♪

いつもの フランス語レッスンなら
フランス語が堪能な シシィちゃんがいて下さるので
なんの心配もなかったのですが
今回は どうなる・・・・BONBONNIERE!
でも 当日わかったのは 心配ご無用(^^ゞ だったこと

謙虚なamon-chanたら
ほんの少し・・・といいながら
やだやだ
そんなに フランス語でお話しているじゃない
通訳してくれてるじゃない


思いっきり日本語で説明した地図で
Alex先生も
時間どおりに我が家に来れましたし

この小さなおうちで
頭をぶつけないかと
心配するほど長身のAlex先生が

意外と
我が家に 溶け込んで
お菓子レッスンに参加しているのが
不思議だけれど
違和感がないのが また 不思議な感じでした

我が家の 
ひょろひょろルータ君を
もうちょっと大きくして
息子といっしょにいるようなかんじでしょうか・・・?
    ・・・・お顔は ぜんぜん違いますけど

フランス人なら
誰でも知っていると思っていた
モンブラン

それは 先入観だったようです
パリっ子のAlex先生は
ご存知なく
初レッスンは 初お菓子でした

料理にお菓子
けっこう 何でも作るそうで
器用な手つきで タルトをのばしたり
クリームを絞ったり
その合間に
作業や道具を ”フランス語では何ていうの?”攻撃をして
発音を確かめたり
言葉の意味のつながりを教えてもらったり

さすが コルドン生
お菓子に関しては
みんな熱心です
そこから 言葉を学んでいくのは
難しいけれど 興味津々で耳を傾けることができます

・・・・でも すぐ忘れちゃいますけど(>_<)

     がんばりまぁす♪

こうして 
フランス語でのお菓子レッスンは
次も楽しみなレッスンの扉を開けることができました

それは
この日 amon-chan&ベイビーがそっとプレゼントしてくれた
アンティークの鍵が
新しい扉をあけてくれたように 思います・・・・


きらきらのPS:
mamanになる
amon-chanのきらきらと
madamになりたての
si-chanのきらきら    
コルドンのみなさんは ただいま きらきら盛りです★
 
   

**ブログランキング参加中









 



 



   

     




 

 



BGM♪



フランス語の初級編のテキストにCDの付録
一応 BGM代わりに聴いてます♪

聴きながら 睡眠中に覚えられたらいいのに・・・月

そんな英語レッスンの通販も流行ってましたね^^;

C'est bon? ・・・セボン?

とある 会社の会議室
なにやら ひそひそ秘密会議・・・ではなくて
アレックス先生&シシィ先生(フフ。)の楽しいフランス語レッスンでした♪

”Je suis japonaise."
・・・私は 日本人です。

そうなんです
私って 日本人なのだわ
普段 全く意識することはなかった
日本生まれの日本育ちの生粋の日本人

フランス語を習い始めて
まだ 赤ちゃんが言うのも何ですが
言葉は 文化・・・実感しました!

日本人の謙虚な人柄が作った
曖昧な言いまわし・・・
そういう考え方を持たない国には 
それを直訳する言葉がないことを
アレックス先生に教えていただきました

日本人の私は 何かにつけて
”いいなぁ”って思っちゃう・・・うらやましがるかんじ
”いいなぁ”ってどう言うのかを聞くと
フランス人は
”うらやましい”って思わないのですって
”うらやましい”という言葉はなくて
”いいね”っていうかんじらしいのです
そんな微妙な匙加減・・・
塩味がほんのちょっと効いてるか効いてないかで
味わいはかわるもの
フランス人の ちょっぴりピリッとしたイメージは
そこにもあったのかしら・・・なんて

一日遅れの バレンタインで
焼き菓子をプレゼントしたら
さっそく お口にほおばって
"C'est bon!" セポン!・・・おいしい!

”お味はどうですか?”と 日本人の私は聞いてしまうのですが
フランス人は
"C'est bon?"セボン?・・・おいしい?ってストレートに聞く訳です
!を?にかえるだけで 疑問形

そういえば おうちの中では
自信たっぷりに
おいしい?って きいてたワひらめき
強気な言葉は 家族だから言えることなのかもしれません

覚えた言葉は使いたくなるもの
”C'est bon?"攻撃
”C'est bon!"と答えるのよ\(-o-)/
セボンのとびかう食事タイムとなりました^^;

日本大好きのアレックス先生は 
真摯でフレンドリーです♪
そして おちゃめ(^・^)

カメラを向けたら ハイ ポーズぴかぴか

そして おしゃれヽ(^。^)ノ

アニエスbのジャケットの内側は ごきげんなデコレーション

そして めちゃめちゃ日本語がお上手♪

”おいしい”と言っていただいたので
”やったぁ!”って何て言うの? と聞いたら
このように↑↑↑・・・
私の字にもよく似てますが アレックス筆です

PS:シシィちゃんが 涙を流して
  私の発音を笑うの汗
  だって 赤ちゃんには まだ 難しいのよ(・.・;)